ハウス・リースバック

住宅ローンの返済が苦しい人はハウスリースバックを利用すべき

「住宅ローンの返済が家計を圧迫している…。いい加減この状況から抜け出したい。」

こんなお悩みにお答えします。

住宅ローンは毎月の支払いであったり、どうしても負担になってしまう部分ですよね。そんなローンの返済ですが、これには様々な方法があり、それぞれ状況によって最適な手段があります。

例えば、住宅ローンの返済には主に以下のような手段が挙げられます。(細かく言うともっとありますが、ここでは割愛します)

住宅ローンの返済手段

①借金をして返済する

ローン自体がここに当てはまりますが、例えば消費者金融などの金融機関などから借りることをさします。

借金というものは額はそこまで大きくは借りれないですが、即日で借りることができたりなど、比較的お金が今すぐにでも欲しいという人にはうってつけの手段です。

ですが、借りる先によっては利息がかなり多く、返済するだけでも精一杯というような状況もあるので、ここは要注意です。

②自宅を担保にお金を借りる(リバースモゲージ)

自宅自体を担保にお金を借りるのは、「リバースモゲージ」と呼ばれるものが有名です。簡単に説明しますと、「金融機関から自宅を担保にしてお金を借り、毎月利子を支払う」というものです。

詳しく知りたい方は以下でも説明していますので、ご覧ください。

③自宅を売ってお金を得る

自宅を売る、というと元も子もありませんが、こちらは家を手放さなければ、ローンの返済もできないという方向けの手段です。ただし、これはローンの返済の手段としては、家を手放す前提なのでなるべく選びたくないですよね。

ざっと見てきましたが、一旦整理してみましょう。

3つのローン返済方法の落とし穴

まず、「借金」は借りる先にもよりますが、利息がかなり大きいところが多いです。
利息が少ない、と謳っているような金融会社もありますが、よく見ると実は低金利ではなかったり、本当に低金利だとしても審査がかなり厳しかったりします。

借金はよほど緊急でない限り、長い目で見たら「払っても払っても終わらない利息地獄」に陥る可能性があります。

自宅を担保にする(リバースモゲージの利用)の場合は、お金を借りながらも、基本的には元金の返済が不要であるという点が大きなメリットとして挙げられます。

一方で「担保」という形でお金を借りるので、家を売却した時に「物件価格の変動リスクがある」ということは覚えておいた方がいいでしょう。リバースモゲージの利用の際には、必ず相続人の同意が必要となります。

例えば、借主が亡くなった場合や最終返済期限が迫った場合に自宅の売却により借金が返済されますが、この売却価格が借入金を上回った場合は追加の借金として相続人が負担するのです。

これが「物件価格の変動リスクがある」と説明した具体的な理由となります。

「物件の売却」はもはや最終手段ですが、「マイホームを手に入れたと思ったら、それを手放さなければならなくなった…。」こんな話は表に出てないだけで、結構あります。

家を買ったら、買うお金が払えずに「自宅と多額のお金」を両方失ってしまうことになる。冷静に考えたら怖いですよね。

ローンの返済をしている方々は少なくとも「今の家を手ばなしたくない…。」こういう思いを持たれているのではないでしょうか。何度もいいますが、これ状況によりますが、最終手段と考えた方が良さそうです。

自宅に住みつつ、ローン返済ができるサービス

様々なローン返済の方法について見てきましたが、「ローンの返済がきつい..。けど、やっと手に入れたマイホームは手放したくない…。」このような思いを持たれている方も多くいます。

そんな方にはハウス・リースバックという手段が有効です。
ハウス・リースバックは「ローンの返済」ではなく、「自宅を買い取ってもらった上で、住み続けられるというサービス」です。

つまり、このサービスによって、あなたには

①自宅に住み続けられる

②まとまった資金が得られる

③固定資産税がなくなる

というようなメリットがあります。厳密に言うとこれ以外にもメリットは沢山あります。

もちろん、ハウス・リースバックは利用した方がいい場合としない方がいい場合がありますが、中身を知っておくとお得にローン返済ができるかもしれません。

ハウス・リースバックは下記でも取り上げています。

興味がある方は是非、物件価格が下がらないうちに気軽に相談してみてもいいですね。