ハウス・リースバック

ハウスリースバックの家賃の相場はいくら?

「ハウス・リースバックを利用したいとは思うけど、利用後に毎月払う家賃がどれくらいなのか気になる…。相場みたいなのがあったら教えてください。」

こんな疑問にお答えします。

ハウス・リースバックの利用を考えている人であれば、気になるのは売却後の家賃(賃料)ですよね。今回はそんなハウス・リースバックの家賃についてお話していきます。

ハウス・リースバックをした場合の家賃の相場

ハウス・リースバックで事業者から住宅を借り受けた場合、
1年間の家賃相場は「買取時の金額の10%」と言われています。

例えば、自宅が1500万円で売れたとしたら、1500万円の10%である150万円を1年間を通して払う必要があります。

1年間は12ヶ月なので、150万円を12分割すると1ヶ月の家賃が約13万円となります。

この金額を安いとするか高いとするかは、売却時の価格や利用者それぞれの利用背景によって判断が変わってくるとは思います。ですが、結局ハウスリースバックの利用をしない場合でも、ローンの返済や固定資産税の支払いはしなければいけないため、それらの支払いと天秤にかけて見てみる必要があります。

ハウスリースバックの家賃がグンと下がる制度

「ハウスリースバックの家賃はちょっと高いかな…。」そんな方もいらっしゃると思います。そういう方は「追加保証金制度」を利用されることをオススメします。

これはどういう制度かと言いますと、「今すぐにまとまった資金が必要のない方向けの制度」でして、売却金額の半分を保証金として先に支払うことで、残りの半分の額の10%が家賃になるということです。

例えば、冒頭の家賃の例でもう一度解説します。

1500万円で自宅を売却したとしたら…

保証金なしの場合
1500万円の10%である150万円が1年間を通しての家賃になる。
つまり、12ヶ月分で割ると毎月約13万円となる。

保証金ありの場合
1500万円の半額を保証金として入れ、残りの半分の750万円の10%が家賃の計算対象となる。つまり、1年間を通しての家賃は75万円であり、12ヶ月分で割ると毎月約6万円となる。

上記の例をご覧いただければわかりますが、負担の軽さは一目瞭然ですよね。

残りの保証金も希望のタイミングで、手元に戻すこともできます。

最初の時点でまとまった資金が必要のない方向けではありますが、この制度があれば、ハウス・リースバックの家賃が高いというように感じている不安も解消されるはずです。

まとめ:ハウス・リースバックの家賃は制度でおトクに

ハウス・リースバックにはメリットもあれば、当然デメリットもあり、その中でも数多くあげられるのが「家賃」でした。ですが、この家賃は「追加保証金制度」を使えば、より少なくなります。こういった制度を知らないだけで、ハウス・リースバックを利用しないのはかなりもったいないです。

ですので、こういった制度を利用して、有効的にハウス・リースバックを活用できれば、あなたの生活の負担も軽くなるはずです。